恐怖で埋める
PCゲーム

高校生が制作したKENGOHAZARD2って面白い?

KNGOHAZARD2

どうも、ホラゲー大好き京志郎。記念すべき第1回の記事です。今回はKENGOHAZARD2というホラ―ゲームのレビューをしていきたいと思いますね。
まず、最初に書きます。KENGOHAZARD2は

こんな人におすすめ!

すぐにクリアできるホラゲーをやりたい人
洋画みたいに急に驚かせるゲームが好きな人
逃げゲーとシューティング両方やりたい人

>KENGOHAZARD2の概要

タイトル KENGOHAZARAD2
ジャンル 1人称ホラ―ゲーム
値段 310円
商品ページ KENGOHAZARD2

 

KENGOHAZARD2のあらすじ

主人公は500万再生を越える人気ユーチューバー。だが、ある動画がきっかけで大炎上。謝罪はせずに、その後は視聴者が喜ぶ企画ばかりするようになる。しばらくすると「視聴者のコメントには絶対に従う」というルールが出来上がり、主人公は段々と動画投稿はつまらくなり、死んでもいいと思うようになった。そして、近づいたら戻ってこれないと噂の心霊スポットへ動画撮影しに行くことになった。そこは2年前に発生したバイオテロに関わる場所だった。主人公はそこで謎の生物に襲われ、閉じ込められた。そこから脱出する。

KENGOHAZARD2てどんなゲーム?

KNGOHAZARD2
こんな感じの腐って干からびたキノコが襲ってくるホラ―ゲームです。多分キノピオの末路だと思います。他にも敵は複数いますが、基本はこのキノコです。ちなみに僕はキノコはなめことまいたけ以外あんま好きじゃないです。

後半以外対抗手段がないため、敵に見つかったら逃げる内容となっています。ちなみに後半は銃を入手するため、倒しまくれます。舞台となる心霊スポットは洋館でちょくちょくバイオテロに関するウイルスなどが話にでてくるため、めっちゃバイオハザードっぽいなと思いました。てかタイトルがKENGOHAZARD2だからおもくそバイオハザードですね。今気付いた。

1時間~2時間程度でクリアすることができます。めちゃお手軽にできる。

怖がらせ方

海外のホラー映画みたいに急に現れて驚かすパターンが多いです。
あとちょくちょく敵が近づいてきて襲ってきます。これは日本のホラー映画みたいなじわじわ系の怖さです。先ほども書いたように後半以外対抗手段がないため、背を向けて逃げる必要があり、追われる恐怖があります。

個人的に良いところ

急に現れること
結構な頻度で急に現れるから初めてのエリアを歩いている時は常にドキドキする。

前半対抗手段がないこと
対抗手段がないというだけでかなり怖い。背を向けて逃げるのは敵がどのくらいの距離にいるのか分からず、分からない恐怖心がある。

セーブポイントが多い。
このゲームは特定のイベントが発生すると、自動でセーブされる。そのため、ゲームオーバーになっても随分前に戻されることがないため、わずらわしさがない。

目標地点が分かりやすい
アイテム周りやドアはライトで照らされており、見やすい。また、若干謎解き要素があるが、主人公がヒントを教えてくれるため、どこに行けばいいかすぐ分かる。優しい。

個人的に残念なところ

アイテム取りづらい
画面をアイテムに合わせてもなかなか取れず、その間に敵に襲われてゲームオーバーになったことがあり、システム面でゲームオーバーになったことが少し理不尽に感じた。

怖がらせ方のパターンが一緒
特定の場所を通ると、敵が急に現れるため、ゲームオーバーになったあとにもう一度同じ場所を通る時敵が現れることが分かるため、怖くない。

敵の足が遅い
敵の足が遅く、しばらく逃げるといなくなるため、行き止まりに逃げなければ、追いつかれることはない。これに気づいてから怖さ半減。それでもBGMや足音で怖いことに変わりはないが。

鬼モード

このゲームには通常モードと鬼モードが存在する。鬼モードは通常モードより難しくした感じだ。ちなみに今まで書いた内容は通常モードの話です。鬼モードはまだそこまでやっていないが、序盤でゲームオーバーになった。高難易度をやりたいって人は最初っから鬼モードをやった方が良い気がします。

感想

結構満足なゲームでした。個人的に500円とかでも買うのありだと思います。鬼モードもあるしね。あとエンディングが複数あるらしいので、何回も楽しめそうです。
ちなみにこのゲームはまだ開発途中でして、今後新モードなども追加されるようです。そのモード次第ですけど1000円とかでもいいと思います。個人的にオンライン要素がほしいです。

また、このゲームはインターネットで大炎上した男が主人公となっています。クリア後にも制作者のインターネットでの炎上の思いが描かれており、全体を通してインターネットの炎上がテーマになっています。これをテーマにしたゲームは他に知らないので、珍しいなと思いました。なんか制作者かその関係者で炎上した人がいたのかなぁとか想像しました。

終わり

このゲームはsteamというサイトで買うことができます。steamではプレイ時間2時間未満のゲームはクリアしても返金することが可能です。そしてKENGOHAZARD2は最近返金数がどえらいくらい多いらしいです。
ゲームの不具合とかで返金はともかくクリアして面白かったけど返金したって人は人としてあり得ない行為だからやめろよ!
ちなみにこの返金システムのせいでsteamで売っているゲームはクリア時間2時間以上にさせるために無駄に長くしてつまらなくなるゲームが多いのですが、このゲームにはそれがなかったのが嬉しかったです。

KENGOHAZARD2と似ているゲーム

アウトラスト